スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dマイホームデザイナーの効用

  10, 2008 11:08

 今日も今日とて、マイホームデザイナーでしこしこ家を作ってます☆

 た~のし~い♪

 けども、さらの状態から家を作るのと違って、既にあるマンションの構造・内装を再現するのは、それなりのコツがありそう。

 例えば、フローリングの床面が、全て家の正面に対して横向きだったんだけど、うちのマンションのフローリングは縦向き。

 それをあわせるのに、「テクスチャ設定」という機能で、横を縦にしたんだけど、それも一筋縄ではいかず、暫く苦労した。

 でも慣れてくればもうちょいスムーズに行く…はず。

 

 さて、今回このソフトで遊んでて思ったのは、お部屋の細かいところを全然見ていなかったーという事。

 間取りを見ながら、ここに洗面台、ここに洗濯機用パン…と見てはいたけれど、洗面台の下の収納はどれくらいあるのかとか、横のリネン庫っていうのは、中はどういう風になっているのかとか、気づかなかったことに一杯気づきました。

 だってソフトでお部屋を作ろうとすると、隅々まで見ないと作れないんだもん!

 トイレの中に小さな手洗いがついてたけど、実際はどんな風になっているんだろうとか、サッシの色は何色だったろうとか、出窓になっていたけど、実際窓はどんな風になっているんだろうとか。とか。色々と疑問が出てきました。

 暫くマンションの担当者の人とは話さないなーと思っていたけど、色々と聞くことが出てきそう。

 とりあえず、モデルルームに遊びに行って、ばしゃばしゃ写真を撮ってこよう。

 

 まだなーーんにも考えていなかった頃、コンセントの位置とかも、殆ど変更しなかったけど、もっと良く考えてお願いすればよかったなぁ…。

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。