--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.02.28

ゼンタングルとノスタルジー

   ぐすっ ずびびっ 竜の眠る星泣けるわぁ~~。
  ・・あ、失礼しました。

  私が勝手に理想としている手帖×日々さん(menkeさん)のゼンタングル。
  繊細で柔らかくて、本当に素敵です。
  ゼンタングルって、基本的に白い紙に黒ペンで描くのでコントラストがきつくなりがちです。
  それに細かい模様をぎっしり書き込んだりする事も多い。
  ちょっと毒々しい模様の植物っぽいものとかね。
  そのためか海外の方には、少々グロテスクというか不気味な感じのする作品が結構あるように思います。
  ところが、menkeさんの作品を見ているととても綺麗で繊細で、私にはかつて読んだ少女漫画が彷彿とされてくるんですよね。
  で、なんだかノスタルジックな気分になります。
  少女漫画って1ページ1ページがレースとかお花とか飾り模様とかで装飾されていて、それだけでも飾っておきたくなって、飽きずにいつまでも見入っていたあの日々が(笑)
 …もっと具体的に言うと清水玲子さんですけど(笑)
  白泉社の漫画雑誌は当時ほかとちょっと変わっていて、恋愛メインの漫画じゃないものが多かったんですよね。
  時代モノやSFとか色々あって、そのせいかすごく装飾的な漫画が多かったような気がします。
  と言っても私は「花とゆめ」読者だったので他は知らないんですけどね(笑)
  昔の少女漫画って全般そういう感じだったのかな?
  おーっと話が逸れました。
  とにかくですね、ゼンタングル作品を見ると少女漫画を思い出すというそれだけのおはなしです。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
2014.02.27

ゼンタングルとIKEAのリングノート

  ゼンタングルは人生の縮図。
 消しゴムや修正液が使えないのでやり直しがききません。
 前に進むしかない。
 で、試行錯誤しながら何やらぐりぐり描いていくと、失敗したと思ったところがわからなくなったり、味になったります。


 一番下のセクションは右の方が失敗したな~と思ったんですが、葉っぱみたいのを増やして、境界線にも使ったら、なんだか満足できました。
 失敗を含めての作品というか、そういう事が実感として得られるのもゼンタングルの面白いところです。
 ん?右上の花柄っぽいところがなんか変?
 あはは、そこは修正しきれませんでしたぁ(^_^;)

 ゼンタングルお絵かき帳として使っているのはIKEAのリングノート、VINTRIGです。
 にじむかな~と思ったんですが、特ににじみません。
 ゴム付きでリングが大きいので、色々貼りこんでスクラップブックにしてもいいかも。
 ただの無地のノートかと思ったら、取り外しできる罫線の下敷き付きでした!!


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村



2014.02.25

ぜんたんぐる!!

手帖 × 日々』さんで、ゼンタングルというのを知りまして、これ楽しそう~!!となって始めてみました。



道具は紙と鉛筆、ペンだけ。
基本としては、8.9センチの紙(タイルと呼ぶらしい)に、色々な簡単な模様を描きこんでいくだけです。
『手帖 × 日々』さんに、すてーーーきな作品があります。

ゼンタングルとは、ZEN=禅、TANGLE=絡まるを組み合わせた言葉で、単純なパターンを描いていくことでリラックス効果を得られ、集中力を養ったり瞑想に近い状態になろうという手法です。

ゼンタングルは、
1.上下がない
2.正解がない
3.失敗がない

芸術的センスは必要なく、誰でもできます!
と言っても、やはりセンスのある人の作品は素敵ですけどね。

私もこれ描いている間はなんだこれ~となってましたが、出来上がってみるとまあまあかな。
約9cm四方の大きさですが、案外広くて出来上がると達成感があります。
まだ始めたばかりでテキスト見ながら描いているので、リラックスして集中する域には達していませんが、何しろやってる間とても楽しいです!
複雑そうなパターンも、テキスト通りに描くとそれなりに描けます。
1日1ページ手帳の余ったスペースにイラストとして描きたいな~なんて事も考えています。

私が参考にしたのは左のテキストです↓↓↓




2014.02.23

星座手帳の使い心地とEDiT

  あーだこーだ4回に渡って悩んだ1日1ページ手帳でしたが、結局LOFTで衝動買いした星座手帳を使っています。


私は双子座なので、表紙はこんな感じ。
 色が星座ごとに違います。
 中は、各星座の特徴と今年の運勢、他星座との相性など載っています。
 そのほか年間プラン、マンスリーがあり、あとは1日1ページ♪

 デザインはこんな感じ。(クリックで拡大)
 紙は白っぽい色ですが、各月で印刷の色が変わります。写真の1月は濃いピンク。(ローズ?)
 左端に時間軸の数字がある5mm罫線です。
 使ってみて、やっぱり私は方眼の方が好きみたい(笑)
 もちろん使いづらくはないですよ。単なる私の好みです。
 万年筆、水性カラーペンで裏抜けしません。優秀!
 スタンプは少し裏抜けします。が、これは他もそうかな?
 それからカレンダーが下にあっていい!とか書いてますが、訂正します(汗
 使っていると、やっぱり文章書くのに邪魔で、上のTODO欄1行がここまで長い必要はないから、TODO欄の横でいいかも。。と思い直しました。
 月で色が変わるところが好みが分かれるところでしょうが、色々なインクを使って(将来的にはガラスペンで)書きたいと思っている私には、飽きなくてちょうどいいかもしれません。


 実はEDiTも。。。 楽天で大幅値下げで1900円だったので思わず買っちゃってました。
 紙はつるつるしっとりの触り心地で、これは期待できそう!
 LAMYサファリで純正インクで書くと、裏抜けなし!
 やったー!と喜んだのも束の間、カラーペンが盛大に抜けました。。。
 イラストや飾りは描きたいのでこれは困る…。
 という事で、このノートは日々の書き殴り帳にすることにしました。



2014.02.21

物欲がとまらない

 先日から文房具熱がヒートアップしてきて、物欲がとまりません。
 キャンペーンもしていないのに、ひとりお買い物マラソン状態です。
 あああ。。。
 でででも使うからいいんだもん!(ホントに?)
 お買い物はこちら。
 右手は1本しかないんだよ!?という声が聞こえてきそうです。

 ついに万年筆に手を出してしまいました。
 LAMY サファリの限定色、アクアマリンとグリーンです。
 グリーンはアップルグリーンのような、優しいグリーン。ペン先はEF(極細)。
 アクアマリンは写真よりもう少し濃くて、ターコイズが近いと思います。
 ペン先はF(細字)ですが、違うインクを入れようと思ってまだ使っていません。
 その右はスタビロ88ペン ターコイズ。

 そして、とりあえず入門としてガラスペンの安いもの。

セットで1500円くらい。や、安い・・・!
 

 ロディアのロディアラマです。
 サイズはA6.
 これも数量限定販売っぽく、このグリーンがネットで見つからなかったのですが、ハンズに行ったら2冊あったので1冊お持ち帰りです。
 サファリのグリーンとぴったり♪
 小さめですがポケットがついていて、カラフルなラマがかわいいです。
 表紙の、ぬめっとしたしたような、しっとりしたような肌触りがクセになります。
 あーこれもまだ一部なんですよね。。
 物欲インフルエンザはいつ治るかな。。
 人にうつしたら治るかな!?
 使い心地など、おいおいレポートしていきたいと思います!


2014.02.20

シンプル・マッピングのススメ

 最近、いくつかやってみたいと思える本に出会ったので、ご紹介したいと思います。

 たった100円で願望実現! A6ノートで思考を地図化しなさい マインドマップを超える超簡単ノート術「シンプルマッピング」 松宮義仁

という本を図書館で借りました。

 シンプル・マッピングとは、マインドマップの簡易版みたいなものです。
 今までマインドマップには全く興味がなかったけど、これなら出来そう!と思ってやってみたら、結構効果的というか、楽しいです(笑)
 私自身はマインドマップ自体の書き方はよく知らなかったのですが、どうやら結構ルールがあって面倒みたいですね。
 このシンプルマッピングはマインドマップ本家のとっつきにくさのせいで諦めた人も、気軽に始められると思います。
 この本は図書館で借りたので現在手元になく、感想メモを参照して記事を書いたので、もし内容が間違っていたらごめんなさい(。-_-。)


【書き方】

・A6ノートに見開き2ページを使い、A5サイズにして書く。
 携帯性と、ある程度の広さからこのサイズだそうです。
 実は私、間違ってA5ノートを使ったんですが、よく考えたら私の場合は携帯はせず家で書くし、方眼ノートを使えば、普段はノートを 横にしてA5で使って、広く使いたいときは見開きA4で使うのもいいよね!
 ちなみにこの記事は下書きを見開きA4サイズでシンプルマッピングしましたが、丁度良いサイズでした。書きたいことがいっぱいある場合はこの方がいいかもしれません。
・見開き中心にテーマを書き、マルで囲む。
 そこから放射状に線を引っ張り、各項目(サブテーマ)を書く。
 さらに細かい内容をそこから伸ばした枝の先に書いていく。

 例えばテーマが旅行計画だとしたら、サブテーマは「誰と行くか」「予算」「宿候補」「交通手段」「行きたい場所」「食べたいもの」「持ち物」などなど。。

 考えが最初からズレてきたなー、こっちの方をもっと考えたいなーと思ったら、ページをめくって新たなテーマを据えて書き出せばいいそうです。


この記事を書くときに作ったシンプルマップ(って言うんだろうか)です。
字も内容もアレなんでお恥ずかしいですが、一例という事で。
派生して浮かんだつぶやきも書いてます。


【メリット】

・放射状に広がるので、箇条書きのように順番を気にする必要がなく、追加もしやすい。
・とにかく考えをまとめたい時に便利。
 頭の中にある、漠然としたもやもやの考えの塊がスッキリ吐き出せる。
・広がり、ノートの余白が発想を生む。
・プレゼンや記事の下書きの場合、サブテーマがそのまま使える。
・文字で埋まったノートを見ると達成感が味わえ、書いていても楽しい(笑)
・ラクガキに近いものがあるので、好きなように書きなぐれば精神安定にもなる(笑)


【デメリット】

・考えを吐き出し中はいいが、あとで見返すには少々見づらい。
 見返す必要がある内容のものは、別にまとめた方がいい。
・次々と考えが浮かんでくるので、内容が大きくなり記事が長くなりがち(笑)
 まあ元々私は記事が長くなるんですけどね。。。


【私の使い方】

・理想の1日1ページ手帳探し。
・読書感想メモ
・ブログ記事の下書き
・もやっとした考えをまとめたい時
 今なら文房具購入計画。
 万年筆を中心に筆記用具を揃えたいので、現状と理想、欲しいもの必要なものをまとめています。

 どうですか、やってみたくなりましたか!?
 最初は興味なかった私でしたが、実際やってみると良さ、便利さがわかるので、是非やってみてください♪

 私が読んだ「A6ノートで思考を地図化しなさい」の本が売り切れのようなので、別の本を紹介しておきます。




2014.02.16

1日1ページの手帳探しの旅 4

 前回ですでに手帳を買ってしまったのですが、一応ノート系も調べていたので記事にしようと思います。
ロフトとITO-YAに行ったので、上2種類は実物を確認してきました。
name サイズ 枚数 総合
ロディア ウェブノートブック A6、A5、A4 96
ジークエンス360 色々 200
365デイズノート B5、A5 184
モレスキン 特殊(A6、A5に近い) 96、120

 ノートは正直どれも甲乙つけがたいというか、全部使いたいです。
 今更思いましたが、ノートと手帳の違いって日付が入っているかもありますが、紙の厚さかもしれません。
 その中でもジークエンスと365デイズノートは紙が薄いので、より手帳に近いような気がします。
  
 ウェブノートブックは、とにかく表紙の触り心地がいい!
 なめらかでしっとりしてて、少し厚みのある柔らかい革っぽい感じです。
 ダイアリーにするにはページが少ないですが、普通にノートとして欲しい~!!

 ジークエンスは期待してましたが、私にはちょっと表紙がやわらかすぎました。
 これだけの厚みがあっても360度折り返せるという事で、表紙がとても柔らかいです。

 モレスキンはやっぱりテンション上がるんですよねー。
 方眼のページを見ていると、何か書きたい衝動に駆られます。
 LAMYのサファリなら抜けにくいという噂も聞くので、1度くらい買ってみようかなあ。

 そして365デイズノート。
 某掲示板での評判がすこぶるいいので、日付も自分で入れるタイプで無駄にはならない!という理由付けのもと、ポチってみました。
 まだ届いてないですが、近々感想など書きますね。
 サイズが大きめしかないので、せっせと布教して小さいサイズを作ってくれたらいいなあ・・!!





2014.02.14

1日1ページの手帳探しの旅 3

  いよいよ実際の手帳選びです!
 あーわくわくする♪
 ちなみに色々ネットから情報をいただきましたが、特に参考になったのが1日1ページ手帳の比較と、某掲示板のスレッドです。


 特に掲示板は大変参考にさせていただき、そして振り回されました。。。
 だってどれも良く思えちゃうんだもん!

 で、前回考えた通り、日付入り手帳と厚いノートの両方から探していきますが、まずは日付入り手帳。
 1日1ページ手帳の紹介記事でレイアウトが好みの手帳をピックアップしました。 

 色々貼ったり、できたら絵なんかも書きたいので基本方眼です。
 で、それらを自分なりに比較してみました。
 万年筆の裏写りに関しては自分では確認していないので、あくまで巷の評判レベルです。
 
name 開き サイズ レイアウトと好み 万年筆
裏抜け
候補
HOBONICHI PLANNER
A6 すべて英語 ○
EDiT B6 シンプル ○ ×
DELFONICS
トゥデイ クラヴァッタ
B6 シンプル △
ARTIMIS 
アーカイブダイアリー
B6 4mm方眼
アナログ時計 ◎
ESダイアリー A6 特殊 × ×
DISCOVERY DAY TO DAY B6 シンプル ◎ ×

 ほぼ日英語版は英語のおかげで日々の言葉が全然気にならない感じになっており、更に何が素晴らしいって表紙が素晴らしい!!
 来年はカズンサイズも出して欲しいです。
 EDITはなんやかんや、ページレイアウトが好きです。
 デルフォニクスは月ごとのタブになっているのが私的には残念。
 アーティミスはアナログ時計のついたレイアウトがどうだろう?と最初思いましたが、見ているうちに使いたくなってきました。
 ESダイアリーはなんで候補に入れたんだろう?(笑)
 DISCOVERY~はページレイアウトがシンプルでものすごい気に入りました。・・・が裏抜けがひどいとのもっぱらの評判なので、断念。
 手帳系では、アーティミスに決定!!

 ・・・のはずだったんですがー。
 偵察に行ったロフトで、星座手帳が30%OFFで売っていまして。
 はい、買っちゃいました!!
 ええ~~っていうオチですが、アーティミスの手帳は来年の楽しみにとっておこうと思います。
 星座手帳も使い心地は悪くないので、近々使ってみた感想など書いてみようと思います。

さらにさらにつづく(ノート系など)




2014.02.12

1日1ページ手帳選びの旅 2

 次はふさわしい手帳探しです。

 私の考える手帳の条件は…

1.180度パタンと開く
  リングノート使用で思い知りましたが、書きにくいのは本当にストレスになります。
2.様式が方眼
 5mm方眼ノートが思いのほか使いやすかったです。
 表や地図、絵も書きやすいし下手っぴでもなんか雰囲気出る…気がする(笑)
3.B6サイズ
 A6では色々なものを貼るには少しサイズが小さいし、1日1ページ仕様のぶ厚い手帳では書きにくい(のではないか)。
  A5は大きすぎて余白が怖い(笑)
4.万年筆が裏抜けしない
 せっかくカタチから入ったので、筆記用具にもこだわって万年筆で書きたい! 将来的にはガラスペンで書きたい!!
5.マンスリーがついている
 日々の食事メニューを書くためです。暫くやっていたのですが、1日ずつ書くよりマンスリーにずらっと書いた方が、振り返るとき見やすかったので。


 番号は優先順位です。1、2は絶対、3、4は場合によっては妥協あり。
 余談ですが、今回手帳を探すにあたり、マインドマップもどきを使って頭を整理したんですが、こういう時とっても便利ですね。
 そのうちマインドマップについて、私なりの感想記事を書こうと思います。

 ここまできて、手帳選びをいきなり根底から覆すような発言ですが、1日1ページならもう手帳である必要なくね? ノートでよくね??
 …はい、その通りだと思います。
 しかし、日付入り手帳の場合は日付が入っているからこそ日記をつけるモチベーションになると思うんですよね。
 一方でノートの場合は、日付を気にせず書きたい時に書きたいだけ書けばいいという自由度があります。
 実を言うと、私はある決まった枠組みの中でいかに自由に何かをするか、という事に非常に魅力を感じる人間なんです。
 なので日記なのに毎日にこだわらず、書きたい時に書きたいだけ書くという方式にもすごく憧れてしまいます。
 だからぶっちゃけそこはドロー! 
 日付の入った手帳も厚いノートも一緒くたに、これが欲しい!ってやつを探したいと思います!!

 …さらにつづく

2014.02.11

1日1ページ手帳選びの旅 1

  手帳初心者の自分語りです。

   ついに手を出してはいけない領域に踏み込んでしまいました。
 しかも時期はずれに。
 
 ただでさえ三日坊主なのに、ライフログとか日記なんかつけられる訳がない!!
 ・・・とは重々承知しているのですが、やっぱり憧れますよね。
 モレスキンやほぼ日みたいにいろんな事を書いたり、イラストや貼りモノでいっぱいのノート作ってみたいよね!!
 とゆー訳で、無駄になるのは覚悟の上で、今年は1日1ページに挑戦してみたいと思います!!!
 (糸井さんだって「空白という記録」って言ってるし・・・)
 そもそも1日1ページの手帳に興味を持ったのは、例に漏れずほぼ日でして。
 スクラップのようにチケットとか色々なものを手帳に貼りながら文章を書く。 こんな世界があったんだ~と目からウロコで、ほぼ日のガイドブックも1回購入しました。
 …が、例の「一言」がどうしても無理で汗
 その後、モレスキン本を読み、モレスキンがいいな~でも高いな~とか思っているうちに、EDITが出てきました。
 EDIT本も読んで、大きさもB6で丁度いいし、「お言葉」もないし、これに決定!と思った矢先、まさかの万年筆裏抜け問題。
 すでに手帳購入熱に火がついてしまった私は、今更やめるなんて出来ません。
 でもほぼ日、モレスキン、EDITくらいしか知らなかったので、ほかにないかな~と調べてみると、色々あるではありませんか!!
 きゃっほう!!(((o(*゚▽゚*)o)))と更にテンションが上がり、これはじっくり取り組まねばなるまい、と手帳購入プロジェクトが始まったのでした。
 
 しょっぱなから悩んだのは、1日1ページ手帳の立ち位置というか、なんでもノートとの差別化です。
そこでとりあえずの区分を考えてみました。
<なんでもノート>
・スケジュール(猫しかいない専業主婦なのでほとんど予定はない)
・各種欲しいものリストや気になるリスト
・アイデア
・ブログネタ、推敲
・調べもの
・とにかく気づいた事や忘備録として
<1日1ページ手帳>
・日々の記録
・色々貼りたい
・三食のメニュー(体調改善、家事サボり癖改善のため)
・日々のTODO
・英語の勉強記録、成果記録
 ざっくり分けると、なんでもノートは見返す必要がありそうな情報、1日1ページ手帳は記録する事自体を楽しむための事柄といった感じでしょうか。
 悩んでいるのは感想系です。
 読書感想、映画感想、コンサート感想などはどっちに入れるべきか・・!?
 うーんうーーん。
 ひとまず手帳にしようと思います。


 つづく

2014.02.10

A6リングノートの使い心地と今年の抱負のようなもの

 皆様、明けましておめでとうございます。

ええもう2月も半ば近いですね。。。


さてさて、A6サイズのなんでもノートを愛用している私な訳なんですが、今回は初のリングノートです。





まずこのミィノートに一目惚れ!

表紙が超絶可愛い上、中身はクリーム色の方眼なんですよ~。

最近、方眼にはまっています。

そして、スケジュール機能としてカレンダースティッカーを最終的に12枚貼るつもりだったので、太っても大丈夫なリングノートにしてみたのです。





画像が汚くてすみません汗

こんな感じで、月始めにその月のスティッカーを貼り、そこから1ヶ月、日付と好きなことを書いていくスタイルです。

このスティッカーも一目惚れで買ったものなので、使えて気分がいいです♪

可愛い~!

ただのノートを色々カスタマイズして自分だけの手帳にしていくのって、本当に楽しいですよね♪

でも使い始めてみると、ちょっと気になることも出てきました。


まずこの使い方だと、未来の月間スティッカーはその月がくるまで貼れない訳ですが、予定というのは普通未来に起こる事でして、翌月以降の予定が書き込めない(笑)

ノート自体はそれほどページ数はないので、今の使い方だと1年もたなそうで、先に12ヶ月分貼ってしまうわけにもいかず。

割り切ってすべてスティッカーを貼って、スケジュール帳として使えばいいか。

・・・スケジュール帳となんでもノートを一元化しようという当初の目論見が台無しになるけど!


ささ、次。

ページが1枚1枚独立しているから少々めくりにくい。

大きなノートなら大丈夫なんでしょうが、A6だとちょっとめくりにくさを感じてしまいました。何回もめくっているうちに、穴の部分がよれてきてしまいそうです。

そしてリングノートの宿命、見開き1ページとして書きたい時に書きづらい・・・というか書けない。

マインドマップ系の本を図書館で借りまして、読書感想とか考えをまとめる時(まさにマインドマップですネ)なんかに書いてみたりしています。

その本でも推奨されていたのですが、A6ノートを見開きでA5として使うというやり方。

確かにA6だとちょっと狭いんです。

見開きA5として使うためには、左右のページをまたいでど真ん中にテーマを書く必要がありますが、リングノートだとそれができない。

今はしょうがないのでA6でマインドマップもどきを書いています。

まあそこまで本格的なものは書かないので、A6で足りてるんですけど(笑)


そんな感じで試行錯誤しておりますが、まあこの作業も楽しいわけで。

どうするのがいいか?なんて考えながらA6ノートにつらつら書いているだけで幸せです。


今年もおそらく物欲にまみれたブログになりそうですが、もう少し更新頻度をあげて頑張っていきたいなと思っています!

それから英語の勉強をし始めていて、TOEICテストなんかも受けたいなーと思っています。

勉強と言えば、最もノートが活用できる行為!

勉強よりそっちの研究がメインになりそうですが(笑)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。