ゼンタングルとノスタルジー

 28, 2014

   ぐすっ ずびびっ 竜の眠る星泣けるわぁ~~。   ・・あ、失礼しました。   私が勝手に理想としている手帖×日々さん(menkeさん)のゼンタングル。   繊細で柔らかくて、本当に素敵です。   ゼンタングルって、基本的に白い紙に黒ペンで描くのでコントラストがきつくなりがちです。   それに細かい模様をぎっしり書き込んだりする事も多い。  ちょっと毒々しい模様の植物っぽいものとかね。   そのため...

  ゼンタングルは人生の縮図。  消しゴムや修正液が使えないのでやり直しがききません。  前に進むしかない。  で、試行錯誤しながら何やらぐりぐり描いていくと、失敗したと思ったところがわからなくなったり、味になったります。  一番下のセクションは右の方が失敗したな~と思ったんですが、葉っぱみたいのを増やして、境界線にも使ったら、なんだか満足できました。  失敗を含めての作品というか、そういう事...

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。